So-net無料ブログ作成
検索選択

メタンハイドレートが日本近海の各地で確認!!!

燃える氷と言われている、メタンと水が結合した次世代資源である、
メタンハイドレートが地質サンプル調査で秋田山形両県と上越の
沖合計3カ所で海底の地中から採取されたことがわかりました。

p0706_5.gif
http://kids.gakken.co.jp/kagaku/nandemo/0706.html引用

サンプル調査では、海底の地中に深さ100メートルまでパイプを
上越沖に2カ所、秋田、山形両県沖に1カ所突き刺し、地層を採取
しました。
スポンサードリンク




海底面から約50メートルの深さまではパイプの長さで10センチ
から1メートル程度、それより深い地点では1センチ未満のメタン
ハイドレート見つかったということです。

また音波探査で北海道日高地方、秋田、山形両県や上越の沖合、
隠岐諸島周辺の海底に、埋蔵の可能性がある特有の地形である
「ガスチムニー構造」が本年度に新たに746カ所見つかっって
います。

昨年度調査分と合わせ計971カ所となりました。

エネルギー問題は日本にとっては大問題です。

石油のほぼすべてを輸入に頼っている日本にとって日本近海に
あるエネルギーは夢のような存在です。

早急に開発を進めてもらって、自国でエネルギーをまかなえる
ようになれば良いですね。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:ニュース

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © トレンドマガジントピックス All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。